秋田 修吾 自己紹介はこちら

台風・棟上げ・気遣い施工。

2度の台風に振り回されましたが、今日は朝から棟上げです。
大工さんも待ちに待った気持ちと、事前準備をしっかり出来ていたおかげで、いつもよりハイペースな感じです。 

柱・梁をレッカーで吊り上げ、手際よく組みながら、順次、水平・垂直を確認し、構造用金物を緊結していきます。

午後3時過ぎには、ほぼ棟上げを終え、家の形が出来上がってきました。

明日からは外壁の下地となる、SWパネルをはめ込んでいきます。その前段階に、ボルト穴や金物の貫通箇所を発泡ウレタンを充填していき、空気の行き来が無いようにしていきます。つまり気密性能を高めるための工程を並行して行います。ここから気密住宅の気遣い施工が始まっています。

午後5時、屋根の防水機能を果たすアルファルトルーフィングを貼り終え、予定していた工程を無事完了です。

1ページ (全32ページ中)