秋田 修吾 自己紹介はこちら

大安吉日、上棟です。

2014/07/15(火) 現場のこと秋田 修吾

昨日の大安。午前中の雨とにらめっこしながら、建て方作業始めました。 

SE構法の3階建て。柱も全て120角。梁は大きいもので梁成390の長さ5mもの。迫力ある作業に道行く人も思わず空を見上げてしまいます。

柱と梁の結合部に埋め込まれた金物にドリフトピンを打ち込んでいきます。ガチガチに固めるために1本打ち込むのにも相当な力で金づちを何度もたたきます。その数約800本。すごいです、大工さん。
 

工場でプレカットされた材料は完璧な精度で納品されます。これを完璧な精度で組み上げないとピンが入りません。これぞ“木造最強”と言われるSE構法の強さの秘訣です。

そして、本日も引き続き上棟作業2日目。今日は朝から快晴すぎる快晴。夏日です。

今日は一気に屋根下地まで仕上げるので、作業も気を抜けません。でも、この暑さの中での力作業、さすがに疲れが・・・
 

ガリガリ君でしばし休息です。そして、再び作業再開。

予定通り、屋根まで完成。そして、ささやかな上棟式を。
M様、上棟おめでとうございます。

また、近隣の皆様にも、この2日間大型レッカー車での作業のため、通行の妨げや騒音など大変ご迷惑をお掛けいたしました。そして、温かく見守っていただきありがとうございます。引き続き9月の竣工まで安全第一に工事を進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

1ページ (全32ページ中)