秋田 修吾 自己紹介はこちら

築34年のビフォーアフター。

2014/07/06(日) 現場のことリフォーム

新石切駅にほど近い東山町にて、築34年の土壁の家のリフォーム工事が先日お引渡しを迎えました。
1階のガレージと水回り以外は、がらっと全てをスケルトン状態に解体し、柱や梁の補強をしつつ部屋の間仕切りも大きく変えました。

リビングとダイニングが引き戸で仕切られていた以前の間取り。今回はLDKを仕切らず、一つの大きなスペースとしてより広がり感を重視しました。

窓の位置や大きさはほとんど変えていませんが、収納スペースと居住スペースのメリハリをつける事でかなりすっきりした間取り構成になりました。

LDKと同じフロアに浴室・洗面室を持ってきた事も、大きなポイントだったと思います。
3階の居住スペースは、元々南北に開放感のある立地でしたので、その特徴を活かし、かつ明るい素材の床材・建具を用いる事で、快適なスペースに。もちろん、収納もしっかり確保です。

 

古い建物でしたので、施工上の難しさもありましたが、建物の躯体がしっかりしていたために、このように思い切った工事もここまで実現することが出来ました。ご主人のご実家の建て替え工事。この建物を残していただいた、おじいちゃんおばあちゃんに感謝ですね。 

 

 

 

 

 

そして、再び、この家にご家族が集う事をきっと喜んでくれていらっしゃることでしょう。

そのお手伝いが出来て我々も感謝です。

1ページ (全32ページ中)