秋田 修吾 自己紹介はこちら

今年最初の大仕事。

2014/01/10(金) 秋田 修吾現場のこと

仕事の種類に大きいも小さいもないのですが、住宅づくりにおいて上棟(建て方)は、やはり大仕事の醍醐味があります。
中石切町のT様邸では、雨の影響で延期した甲斐があり、朝から快晴。でもとても寒い1日となりました。

柱・梁を建てていき、水平・垂直を確認し、仮筋交いを手際よく打ち付けていきます。
 

作業は、大工さんを始め、応援の職人さん、レーカー運転手さん含め、総勢7人。
いつもほとんど同じメンバーですが、他の現場での作業もあるので、それぞれの役割分担が微妙に現場現場で異なりますが、阿吽の呼吸で作業を進めていきます。
同じ曲でも、歌うメンバーによってダンスのフォーメーションを変えるアイドルグループのようだなと。
容姿も全く異なり、華麗な歌声ではなく、怒声が飛び交っていますが、なかなかのコンビネーションです。

 

張り巡らされた電線の影響で、2階建ての家ですが、ビルを建てんばかりにクレーン車のアームを目いっぱい伸ばしての作業になり、通常以上の時間が掛かります。
このことは、想定済みでしたので、予定通り明日も建て方の作業です。明日も素敵なパフォーマンスに乞うご期待です。

1ページ (全32ページ中)