秋田 修吾 自己紹介はこちら

システムキッチン 【石切リフォーム通信vol.39】

2021/07/23(金) リフォーム

憧れのキッチンリフォーム。使い勝手が良くキレイなキッチンは、毎日の食事作りや後片付けを楽しくしてくれます。

 最近のキッチンは、新築もリフォームもシステムキッチンが主流となっていますので、今回はあらためて、システムキッチンの特徴やメリットについてお伝えしていきます。

 

【システムキッチンとは?】

 システムキッチンとは、コンロや流し台、収納、調理台などが一枚の天板で繋がり、すべてが一体になるよう設計されたキッチンで

各パーツをカタログやショールームで確認してオリジナルのキッチを作る事ができます。

パーツによっては、サイズや形、高さなども決められるので、お好みのインテリアに合わせたキッチンを設置できます。

 

【システムキッチンの種類と特徴】

日本国内にて設計・販売されているシステムキッチンにも色んな種類があります。 

■ミニキッチン

単身者用の部屋に付いているキッチン。ミニキッチンは、コンパクトなサイズ感が魅力のモデル。

■I型キッチン

調理台やコンロ、シンクが横並びになっているベーシックタイプのキッチン。 

■L型キッチン

部屋のコーナーを活用したL字型のキッチン。I型キッチンに比べて収納・調理スペースが広い。

■ペニンシュラ型キッチン

両端のどちらかが壁に面しているキッチン。キッチンの前側にカウンターを設けているタイプが多い。

 

 

【システムキッチンの選び方】

システムキッチンの選ぶときは、このような事を確認しながら選ぶのが大切です。

 

《システムキッチンの機能を確認しておく》

システムキッチンでは、レンジフード、IHクッキングヒーター、食洗機、収納棚、水栓などの機能を一度確認しておくことが大切です。 

 

《ショールームで実物を確認する》

システムキッチン選びで大切なことの一つは、実際にメーカーのショールームに行き、実物のキッチンを確認することです。 

触ってみた感触や、実物のサイズを確認しておくことで、実際にシステムキッチンを導入したときに不都合がないようにできます。 

 

《動線を考えた間取りにする》

使いやすいキッチンにするためには、キッチンスペースの動線を考慮した間取りにする必要があります。

 

【システムキッチンの注意点】

システムキッチンの注意するポイントとしては「部分的な交換が難しい」ということです。

システムキッチンはすべての設備がひとつになっているので、部分的な変更・交換が難しい場合が多いです。

例えばシンクを交換する場合、シンクだけでなくワークトップごとの交換が、ほとんどの製品で必要となります。

そのため、将来のことも見越して、設備やサイズを考えてシステムキッチンを選ぶ必要があります。

 

【まとめ】

 システムキッチンには、統一感のあるデザインが採用されているため、見た目や機能性、料理のしやすさなどのポイントを引き上げる効果が期待できます。

快適な料理時間を過ごすためにも、システムキッチンの導入を検討しましょう。

1ページ (全32ページ中)