スタッフブログ

毎日、近くにその気配を感じる生駒山。

小学校の時は、1年生から6年生まで、“歩こう会”と“耐寒登山”、毎年2回は登っていたその山に27年ぶりに登ってきました。

石切東小学校の6年生の時の担任先生が、登山が趣味という事もあり、同窓会も兼ねて「歩こう会」を企画。一応連絡つく限り同級生に声掛けし、当日を迎えました。
登山企画のため、不人気が予想され、「最低2人で登りますよ。」と先生にはお伝え。

で、集まったのは、、同級生8名、とその家族4名。予想を上回る好成績です。
コースは慣れ親しんだ辻子谷コース。奥の院の横を通り、辻子谷の復元水車小屋を見学。

そして、ちょうど中間地点の興法寺で小休憩。

歩き始めて約1時間40分。目的地の生駒山上遊園地が目の前に。

お弁当をみんなで広げ、その後は遊園地のシンボル「飛行塔」に全員で乗船。

曇天ではありましたが、いつも山の下から見ていた景色が逆転です。

帰りは宝山寺を経由し、生駒駅へ。その後、お疲れ様飲み会の後で散会。
いつも気になりながら、なかなか登る機会がなかったのですが、こうやって先生と同級生とふたたび生駒山に登り、この景色を見られた事は、とても心地よい時間でした。
二日遅れの筋肉痛も苦になりません。 

記事一覧|2015年4月

ページトップへ