スタッフブログ

「住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」3年連続で採択決定!

秋田 修吾 自己紹介はこちら

国土交通省が推進しております「住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」に現在計画中の東石切町のU様邸新築工事が採択され、165万円の補助金対象となりました。

弊社が普段から取り組んでおります高気密・高断熱住宅に創エネ設備=太陽光発電を設置した今回の計画。申請期間も非常にタイトでしたが、U様のご協力もあり、すべりこみセーフです。

あとは計画通りにきちんと施工を行い、提出を義務付けされている様々な資料や工事監理写真を提出することでようやく補助金が交付されます。少し長い道のりになりますが、過去2年間も同じように申請を行い、交付されていますので、着実に進めていきたいと思っております。

この建物が完成すれば、電気・ガスの光熱費が年間ほぼゼロ円になります。お金のメリットも大きいですが、それ以上に、これから数十年と住まわれるおうちでとにかく快適に過ごせます。真夏の暑いこの時期でも、エアコンの微風で部屋中が涼しく、真冬の部屋間のヒートショックもありません。当然、結露も起こりません。快適でかつ健康な省エネ住宅。国もようやく真剣に取り組みを始め、2020年にはこのような省エネ住宅の義務化を決定しています。

ですが、2019年のぎりぎりまで、今まで通りの一般的な住宅を建て続ける住宅会社や工務店がほとんどです。わずか6年後には規格外と分かっている住宅を建てることはおすすめしません。弊社に限らず真剣に省エネ住宅に取り組んでいるハウスメーカーや工務店もちゃんとありますので、その見極めをされる事をおすすめいたします。

年度により追加の募集が実施される場合もございます。ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

記事一覧|2014年7月

ページトップへ