秋田 修吾 自己紹介はこちら

地盤改良見学会でした。

2014/06/02(月) 現場のこと

先週末の土曜日。夏日となった暑い日に、中石切町M様の新築現場にて“地盤改良見学会”を行いました。

工事は前日の金曜日から、地盤面に40cmの穴を掘り、天然砕石を埋め込んで砕石杭を27本施工し、地盤補強を行います。
 

1.5m~1.7mの深さまで掘った穴に、

目いっぱい砕石を流し込み、

専用の重機でしっかりとねじ込んで転圧していきます。砕石の摩擦力を利用し、建物をしっかり支える改良方法です。

翌日、土曜日もこれまた快晴。ちょっとした地盤についての解説を現場に掲示。

建物を建てる前の地盤について、少しでも知って頂ける機会になればと思い、通りすがりの方やご近所の方に現場を見ながら、説明させて頂きました。

写真の方は、堺市から見学に来て頂いた女性建築家の先生。自然素材を多用した建物を主に設計されており、地盤改良についても、天然砕石を利用した今回のHyspeed工法にご興味があり、わざわざお越し頂きました。

拙いご説明となりましたが、弊社が採用させて頂いている経緯や、施工現場での注意点などお話させて頂きました。現在、計画中の住宅に前向きに採用を検討されるようです。

決して多くの方が参加して頂ける見学会ではございませんが、我々がいいと思う家づくりに共感して頂けるという事は大変嬉しく、今後もこのような機会を大切にしていきたいと思います。

1ページ (全32ページ中)