秋田 修吾 自己紹介はこちら

Sweet 10 reform ~10年目のリフォーム~

北石切町でLDKのリフォーム工事をご依頼いただきましたN様邸。
新たなLDKの生活でのご様子を撮影させていただくために先日ご訪問しました。

10年前に購入された建売住宅。間取りの不自由さに関わらず、テキパキと家事をこなし続けてきた奥様でしたが、お子様の成長と共に家族の生活スタイルも変化し、より家族の距離を感じるLDKへのリフォーム計画です。 

《リフォーム前》 
キッチンが奥まっていて、孤立しており、リビングスペースと洋室とのつながりがありませんでした。

 

《リフォーム後》

キッチンは以前の奥まった配置から、ダイニングとリビングスペースの中央に配置することで、常に家族の距離を近くに感じる事が出来ます。お子様と一緒にお料理する機会も自然と増えていきそうです。

簡単な食事はこちらで済ませる事も出来るようにカウンターの奥行を広くとりました。
作業スペースとしても十分な広さを確保。


 

ダイニングは以前と同じ場所ですが、床の色が明るくなり、照明計画の変更により、囲まれ感のある落ち着きのあるスペースとなりました。

ダイニングと納戸を隔てる壁面の一部をへこませて、パソコンスペースに。
このようなちょっとした場所が有り難いですね。

以前は、キッチンとダイニングと距離があり、用途があいまいになっていた東側の洋室は、今回の配置の変更により、すっかり家族団らんの場所に。
新たに床暖房を入れたため、家族団らんを遮っていた冬の寒さも克服し、ついつい長居してしまいそうな快適な居場所となりました。

寒さの克服と言えば、LDK廻りのサッシは全て2重サッシのインプラスを取り付けました。
窓まわりからの冷気をこれで完全にシャットアウトし、居室内の暖かい空気を外に逃がしません。

費用は掛かりますが、冷暖房効率と今後の快適性を考えると、非常に効果的でお得です。 これは正解です。

そして正解と言えば、キッチンをこの場所に配置する事を最初からお考えになられていた奥様のアイデア。
これが大正解です。

ただ古くなった設備機器を直すリフォーム工事もありますが、思い切って間取りを変える事で生活スタイルも変えてしまうリフォームもある事を改めて実感しました。

“Sweet 10 reform 結婚10年目のリフォーム工事。ご主人から奥様へのプレゼント。
素敵なプレゼントのご発注ありがとうございました。

1ページ (全32ページ中)