スタッフブログ

備えあれば憂いなし。起こりうる可能性の高い大地震。

地震から住宅を守る考え方は、大きく3つあります。

「耐震」「制震」「免震」の3つ。

弊社は長らく、「耐震」という考えに重きをおき、木造住宅の構造体を強固なもので建築してきました。

最高等級である耐震等級3を標準仕様としています。

それだけでも十分といえば十分。十分でないといえば十分でない。

熊本地震のように大きな地震が繰り返し起こった場合、強固な耐震性を持つ構造体でも、大きな揺れのたびに損傷が進み、倒壊に至ります。

そこで最近は「制震テープ」を採用しています。外壁の構造用合板の四周にテープがぐるりと貼られています。

商品の実験データによると最大80%の揺れを軽減出来るというもの。

「耐震」と「制震」このふたつのハイブリッドな構造体。今回ももちろん採用しています。

備えあれば憂いなしです。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のフェイスブックはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のフェイスブックはこちら。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のインスタグラムはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のインスタグラムはこちら。

記事一覧

1ページ (全17ページ中)

ページトップへ