スタッフブログ

秋田 修吾 自己紹介はこちら

梁が見えるお家 【石切リフォーム通信vol.32】

2020/12/25(金) リフォーム

柱とともに家の構造を支えている部材が梁です。

一般的なお家ではあまり目に触れない部分なのですが

最近では、『梁見せ天井』も人気のインテリアの1つです。


特に古い建物のリノベーションの場合、耐震面から新しい梁に掛け替える場合もありますが

使われている梁が今ではなかなか手に入らないような天然木で独特な木の味わいがある梁が多いので

あえて古い梁を見せることで建物の風合い活かしたインテリアとなります。


当時はこの自然の形が見栄えの悪い梁とされていたので天井の中に隠すのが一般的でしたが

長い時を経て、希少価値のある梁となったという事ですね。


しかしながら、このような古い建物の工事は経験値の高い大工さんや施工業者であることは必須です。

このような工事は地元で経験のある施工会社に頼むのが無難かと思います。


リノベーションは、さまざまな可能性に満ちあふれています。

ぜひ、古い建物をリノベーションを検討されている方はご相談ください。

手作りの会社案内と大切にしているお金のお話。そして、推奨しております「高気密・高断熱・高耐震」工法のご案内など、各種資料をご用意しております。

資料だけなく、直接お会いさせて頂き、ご要望やお困り事をお聞きすることをおすすめしています。時には、建築中の現場をご覧頂きながら。時には、販売中の分譲地をご案内しながら。お気軽にご来店お待ちしております。

記事一覧

1ページ (全24ページ中)

ページトップへ