秋田 修吾 自己紹介はこちら

インテリアの色使いのポイント 【石切くらし通信vol.58】

2023/06/09(金) 家づくりのこと

 

インテリアのデザインに重要な色の組み合わせ。

色使いによって、お部屋の雰囲気や印象を大きく左右するのでしっかり考えたいところです。

そこで今日は、インテリアにおける基本的な色の使い方をご紹介します。

主役とアクセントの配色

お部屋には主役となる色を選び、それに対してアクセントカラーを組み合わせるとバランスの取れた印象的な空間になります。

例えば、メインの壁や大きな家具には落ち着いた色を選び、小物やクッションなどのアクセントには明るい色や鮮やかな色を取り入れることで、メインとアクセントが上手く調和されます。


⁡トーンを揃える

⁡色のトーンを揃えることで統一感を持たせることができます。

トーンとは、色の明るさや濃さのことで、同じトーンの色を使うことで統一感のある空間になります。

例えば、パステルカラーやパーティーカラーなど、明るめのトーンを選ぶと柔らかな雰囲気になります。

⁡色の相性を考える

色の相性も大切です。

色相環を参考に、コントラストのある色を組み合わせると鮮やかな印象になります。

例えば、対照色と呼ばれる反対側の色を組み合わせると、お部屋が活気づきます。

また、トーンを揃えつつも異なる色を使いたい場合は、隣り合う色や類似した色を選ぶと調和の取れた空間になります。

ネイチャーカラーの取り入れ

自然をイメージしたネイチャーカラーは、リラックス効果や心地良さを与えてくれます。

木の色や緑、茶色などの自然な色を取り入れることで、落ち着いた空間を作り出すことができます。

 

⁡パーソナリティを反映させる

最後に、自分自身や家族のパーソナリティを反映させることも重要です。

好きな色や趣味に合わせたアクセントカラーを取り入れることで、個性豊かな空間を作り上げることができます。

まとめ⁡

お家のインテリアは、色の組みせで空間の印象が変わってきますので、これらのポイントを意識しながら組み合わせを考えるのがおすすめです。

参考似していただけると幸いです。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のフェイスブックはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のフェイスブックはこちら。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のインスタグラムはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のインスタグラムはこちら。

1ページ (全35ページ中)