スタッフブログ

秋田 修吾 自己紹介はこちら

制震テープの効果 【石切くらし通信vol.32】

2020/12/08(火) 家づくりのこと

家を建てる時には誰もが気になる建物の耐震性。

長く安心して暮らすうえで、住まいの耐震性に気を配ることはもはや無視できない要素です。

今日の写真は、制震テープ付きの外壁パネルの写真です。


このように面材に「制震テープ」を施すことで、地震に対して多くのメリットがあるので

今日は制震テープを施したお家にはどんなメリットがあるかについて紹介していきます。

 

1. 繰り返す余震に強い

制震機能のない住宅は、繰り返す余震によって、建物自体の変形が進行していきます。

それに比べ、「制震テープ」があるお家は、建物の揺れを制震してくれるので、繰り返しの揺れにも強く、建物の劣化を防いでくれます。

 

2. 揺れ幅が 1/2 だからケガにも安心

地震が起きた場合の揺れ幅は、制震機能のない住宅に比べ、約1/2に抑えられます。

筋交いが折れるほどの揺れでも、壁紙が破れる程度の被害という実験結果も得られています。

また、揺れが少ないという事は、転倒や物の落下による怪我も防げ安心です。

※プランや地震の揺れによって、変形量の提言は異なります。

 

3. 家全体が制震装置

「制震テープ」が追加された「制震スーパーウォール」は、自身が構造用パネルでできています。

つまり、部分的に制震装置が配置する制震とは異なり、家全体が制震装置となるのです。

だから、大きな揺れにも、繰り返す揺れにも強い頑丈さが持続します。

 

これまでの建築の制震は、制震ダンパーといったようなコストが掛かるような制震方法が一般的でしたが

制震テープのような工夫で繰り返し起こる地震に強くする事ができます。

長く暮らすお家だからこそ、このような工夫が大切になってきます。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のフェイスブックはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のフェイスブックはこちら。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のインスタグラムはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のインスタグラムはこちら。

記事一覧

1ページ (全24ページ中)

ページトップへ