秋田 修吾 自己紹介はこちら

24時間換気 【石切くらし通信vol.38】

2021/06/11(金) 家づくりのこと

改めて、暮らしと換気という部分が見直されている昨今。

これから、家を建てる方は特に、どのような換気設備を設置するかでお家の空気環境も変わるので

「換気」の勉強をしておくのがおすすめです。

そこで、今日は、改めて、住宅の24時間換気や換気能力を高める方法についてお伝えしていきます。


【24時間換気とは?】

平成15年7月1日に施行された「改正建築基準法」で、原則として全ての建物に換気設備設置が義務付けられました。

簡単に説明すると、1時間で室内の空気が半分入れ替わるような設計をしなさいという建築基準法です。

元々は、「シックハウス症候群」対策の一環でしたが、換気環境を見直すことが大切な昨今では

この、24時間換気をより有効的に作動させるのが大切です。


【最も効果的な換気システムは?】

住宅の換気方法は、様々にありますが、基本的には、やはり、給気と排気の両方を換気扇で行うシステムがおすすめです。

換気をダクトで計画的にできるので、空気の流れを制御しやすく安定的に換気を行うことが出来ます。


【換気と気密性】

24時間換気システムを効果的に動かすには、気密性の高さが大切です。

隙間が多い建物だと、隙間から入る空気の影響で、計画通りの換気が出来ず、建物の隅々まで換気が行き届かなくなります。

優れた換気は、高い気密性とセットで出来ると考えておいて良いでしょう。


【換気性能が高いお家】

秋田宅建不動産のモデルハウスは、今回説明した建物の気密性や換気能力を高めた

SW工法のお家となっております。

直接、体感してみたい方は、是非、お気軽にお問い合わせください。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のフェイスブックはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のフェイスブックはこちら。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のインスタグラムはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のインスタグラムはこちら。

1ページ (全32ページ中)