秋田 修吾 自己紹介はこちら

バリアフリーリフォーム 【石切リフォーム通信vol.60】

2023/07/28(金) リフォーム



高齢者や身体的な制約のある方々にとって、快適な生活を実現するための住空間作りは非常に大切です。

そこで、本日は、バリアフリーリフォームの重要性やリフォームのポイントをご紹介します。

【家の中での移動のしやすさ】

バリアフリーリフォームでは、車いすや歩行が困難な方がスムーズに移動できるように配慮した設計が大切です。

具体的には、床の段差の解消には、傾斜スロープや段差解消用の補助具を導入や、車いすの通行がスムーズにできるように広めのスペースを設ける必要があります。

さらに、手すりは安定した支えとなるため、通路や階段の両側に取り付けられるなどもあります。

【浴室やトイレの安全性】

⁡浴室やトイレは、転倒や滑り落ちるなどの事故が起きやすい場所です。

バリアフリーリフォームでは、手すりの設置、浴槽の床の滑り止めなど、安全性を確保するための対策が重要です。

【ドアや窓の使いやすさ】

バリアフリーリフォームでは、ドアや窓の開閉がしやすいようにするリフォームなどもあります。

車いすや歩行困難な方でも簡単に操作しやすいように、ドアの幅や、窓の高さなどを調整します。

また、取っ手の位置も車いすの高さに合わせて設置するなどすれば、力を入れずにスムーズに開閉できるようになります。

【視覚・聴覚のサポート】

視覚や聴覚に制約のある方々も快適に生活しやすいように、照明や音響の配慮も大切です。

明るい照明や目印の設置、音声案内などを考慮することで、安心して生活できる環境が整えられます。

具体的には、明るい照明や、目印としての色やマークを使用することで、重要な場所や障害物がわかりやすく示されます。

【心地よい空間づくり】

バリアフリーリフォームでは、快適な居住空間を実現するための工夫も重要です。

歩行や車いすの走行が安定するように、床材は滑り止めやクッション性のある素材が使用したり、室温や湿度の調節にも配慮した環境を作りなど、快適な空間作りもバリアフリーリフォームと言えます。

【まとめ】

バリアフリーリフォームは、高齢者や身体的な制約のある方々だけでなく、誰もが快適に暮らすための重要な要素です。

リフォームをされる際は、将来的なことを考えながら計画していくことがおすすめです。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のフェイスブックはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のフェイスブックはこちら。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のインスタグラムはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のインスタグラムはこちら。

1ページ (全35ページ中)