秋田 修吾 自己紹介はこちら

キッチンの動線【石切くらし通信vol.60】

2023/08/11(金) 家づくりのこと



毎日使うからこそ大切にしたいキッチンの動線。

ちょっとした使いにくさや通りにくさで、毎日の気分も変わりますので、しっかり考えたいことろです。

そこで、今日はキッチンの動線にスポットを当てて大切なポイントをご紹介します。

⁡【冷蔵庫、シンク、コンロの三角動線】


動線の最も基本的なポイントとして、冷蔵庫、シンク、コンロの配置が挙げられます。

この三つを効率的に三角形に配置することで、最も頻繁に使用するエリアの移動距離が短縮されます。

この三角形の中心部は、調理中の手元の動作が集中する場所となるため、ここに十分なスペースや収納を持つことが理想的です。

さらに、この配置により、食材を冷蔵庫から取り出してシンクで洗い、コンロで調理するという一連の動作がストレスなく行えることがポイントです。

【作業スペースの確保】

シンクの隣にスペースを確保することは、調理時の効率を大きく左右します。

十分な作業スペースがあることで、複数の食材を同時に下ごしらえしたり、大きな鍋やフライパンを使っての調理が容易になります。

また、一度に多くの食材を置けるスペースがあれば、連続して調理する際の手間を減らすこともできます。

【収納の位置と配置】

調理の効率を考えると、頻繁に使用する調理器具や食材は手の届く位置に配置することが重要です。

これにより、調理中の移動や探し物の時間が大幅に削減され、無駄な動きを減少させることが可能です。

高さや深さを考慮した収納スペースの計画は、キッチンの使いやすさを向上させる要因となります。


【調理のしやすさ】

調理を行う上で、道具や食材の配置だけでなく、動線の流れも大切です。

例えば、調味料や食材の位置、収納場所など、忙しい時でも快適に動けるきるように計画することが必要です。

また、調理後の片付けも含めて、最後までの工程も考慮したキッチンレイアウトを考えることが大切です。

【家族とのコミュニケーション】

キッチンは家族が集まる場所の一つとしての役割も持っています。

キッチンとリビング、ダイニングが一体となった空間設計は、家族の会話や子供の様子を見ながらの料理が可能となり、家族の絆を深める役割を果たします。

【ストレスフリーな空間作り】

物の取り出しや片付けにストレスを感じることが少ないキッチンは、日常の料理を楽しみながら行える空間となります。

頻繁に使用する道具や食材の収納位置を決めて、照明や換気の計画も適切に行うことで、快適なキッチン生活を実現することができます。

【まとめ】

キッチンの動線を考慮して設計することで、快適かつ効率的な料理の空間を実現することができます。

毎日楽しく料理できるような、動きやすいキッチンを目指しましょう。

手作りの会社案内と大切にしているお金のお話。そして、推奨しております「高気密・高断熱・高耐震」工法のご案内など、各種資料をご用意しております。

資料だけなく、直接お会いさせて頂き、ご要望やお困り事をお聞きすることをおすすめしています。時には、建築中の現場をご覧頂きながら。時には、販売中の分譲地をご案内しながら。お気軽にご来店お待ちしております。

1ページ (全36ページ中)