秋田 修吾 自己紹介はこちら

使いやすいベランダ 【石切くらし通信vol.34】

2021/02/12(金) 家づくりのこと

 

暮らしの快適性を考えた時、お家のベランダについて考えるのも大切です。

特に、ご家族が多いご家庭では洗濯物も多いので干しやすさは大切な部分になってくると思います。

そこで、今日は使いやすいベランダのポイントについてです。


「ベランダは横幅より奥行きが大切」

使いやすくて、たくさん洗濯物を干せるベランダにするには

横幅を長くするというイメージになりがちですが

動線なども考えると、実は奥行きを広げる方が有効的です。

単に、横幅を広げるだけだと、行ったり来たりも大変で

干す順番を間違えると洗濯物をかき分けて移動したりするのも大変です。


「使いやすいベランダの幅は?」

一般的に、狭いベランダ”と位置付けられるのが概ね奥行き90cm以下のベランダです。

一人暮らしのマンションやアパートのベランダは、このサイズが多いですね。

なので、ある程度余裕をもったベランダにしたい場合は、150cmは確保したいところです。

これくらいの幅があると、植物や小さなサイドテーブルなども置くことが出来ます。

ベランダを大きく取ると、物干し以外の使い方が出来るのは良いですね。

ベランダも毎日使う暮らしの空間なので、インテリアと同様暮らしに合わせて考えていきましょう。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のフェイスブックはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のフェイスブックはこちら。

石切くらしの専門店 秋田宅建不動産
のインスタグラムはこちら。

石切リフォームの専門店 LIXILリフォームショップ
のインスタグラムはこちら。

1ページ (全32ページ中)