秋田 修吾 自己紹介はこちら

ワークスペース 【石切リフォーム通信vol.51】

2022/10/28(金) リフォーム

 


リモートワークなどが進み、お家に1つはワークスペースが欲しいというご家庭も増えてきました。

机と椅子を買ってきて、ワークスペースを作る方法もありますが

既存の空間を活かしながらリフォームでワークスペースを作る事も可能です。

そこで、今日はワークスペースをリフォームで作るポイントをご紹介します。



【1畳のスペースでワークスペースは作れる】

1畳程のスペースでも100cm幅の机を置くことができます。

ノートパソコンでの作業なら、80cmサイズの机でも十分に足りる幅なので

1畳のスペースを確保できれば立派なワークスペースにできます。

2畳もあれば、広々と使用できる120cm幅の机や棚類も設置できます。

このことから、お家の色んな空間にワークスペースの設置は可能です。

⁡【リビングに設置】

一般的にリビングは最も広い部屋であるので

ワークスペースの設置場所としてよく活用されています。

家族とのコミュニケーションを取りながら作業できるので、小さなお子さんがいるご家庭などは特におすすめです。⁡

 
【ダイニングに設置】

ワークスペースはキッチンやダイニングに作ることも可能です。

このような、家事の合間に使えるようなワークスペースは、ミセスコーナーなどとも呼ばれ、主婦を中心に人気のワークスペースとなっております。

家事の動線を邪魔しないようなレイアウトにすることがポイントです。

 
【収納に設置】

最近は、ウォークインクローゼットや押し入れを改造してワークスペースを作るご家庭も増えています。

作業と収納を効率良く行えるように限られた空間を最大限活用する方法です。

【まとめ】

⁡ワークスペースに作る際は、個室を作るか、既存のスペースにワークスペースを作るかで、費用や手間も大きくかかってしまいます。

既存の空間に作るミニワークスペースであれば、照明や空調も共用できることが多く、個室を作り変えるよりも電気代を抑えられるのメリットもあります。

ただし、リビングなど、家族も使う場所にワークスペースを作る場合、生活音などが煩わしく感じて集中できないケースもあります。

どちらを優先するかで、設計も大きく変わるので、まずは、この優先順位を考える事が大切です。

1ページ (全32ページ中)