家づくりの手順・保証

 

1 お客様との出会い

現在ご覧になっているこのサイト、広告やチラシ、見学会・勉強会、あるいはご紹介などで、お客さまと私たちの最初の出会いが生まれます。

私たちは、お客様との信頼関係を築くことが最も重要だと考えていますので、土地探し、リフォーム、仲介、どのお客様にも親身になって対応いたします。

しつこい営業、売り込みは一切行いません。安心してご連絡下さい。

土地のない人は土地探しから 

2 私たちの住まいづくりを知ってください

私たちの住まいづくりを知ってください

建物見学会の建物を数回見学して頂いたり、実際に施工した住宅や、現在進行中の建築中の現場を見て頂いたりして、より深く、私たちの家づくりを知っていただきます。

また、今までのOB様の完成入居後のお住まい見学も実施しております。

住まいづくりの先輩としての体験談や失敗談、新居の住み心地などなど、ゆっくりと色々なお話を直接お伺いできる場を設けています。

住まいづくりの具体的なイメージをつかんでいただくために、また、秋田宅建不動産の家づくりに対する理解を深めていただくために、とても重要な時間と考えています。

 

3 ヒアリング  -住まいへの想いをお聞かせ下さい-

ヒアリング

住まいづくりを始められるきっかけや、現状の住まいの困りごと、お客様の新しい住まいへの想いなどを話していただき、最適な解決策をご一緒に考えていきます。

新築を建てる事だけが住まいづくりではありません。

お客様それぞれの状況やタイミングにより、リフォームや建替え、住替えや売却など、様々な可能性から最適な住まいのカタチをご提案します。

 

4 資金計画  -建てる前にお金のこと-

一番大切なのは、「いくら借りられるか」ではなく「いくら返せるか」です。

また現在の収入や家計状況だけでは、判断しないことです。

いつ、どんな出費がかかるか、お子様の成長によって学費はどう変化していくか等、どんな場合でも返済に困らぬ様にする事が大切です。

私たちはまず、見落としがちな諸費用も含めた「家づくりにトータルにかかる費用」を、お客様の実情に合わせてシミュレートし、把握していただき、最も適した住宅ローンをご案内します。

5 プランニング  -想いをかたちに-

敷地を読み、ご家族様の考えを取り入れながらプランを作り、提案プランについてご説明をします。

プランはご納得して頂けるまで打ち合わせを重ねます。

6 ショールーム見学  -住まいへの想いをお聞かせ下さい-

ショールーム見学

プランニングと並行して、キッチンの大きさや高さ、サッシの形状やサイズなど基本プラン作成のため、ショールームにて打ち合せ。

また、水栓や衛生機器なども実際に確認して頂きながら、見積作成のための仕様の仮決めを行っていきます。

 

7 見積り提出  -費用を明確に-

プランが決まれば、かかる予算もはっきりします。

本体工事以外にも、地盤改良工事や確認申請手数料など、工事全体に掛かる費用を明確にご提示します。

8 ご契約

お見積もり金額、設計図をお客様にご確認、ご了承いただき、建築請負契約を締結させて頂きます。

9 建築確認

建築に関する関係官庁への届け出や公的融資利用の設計審査手続きを、責任を持って代行いたします。

10 地鎮祭

地鎮祭

家を建設する土地を清め、その土地の神様に工事の無事と安全を祈願します。ご近所への挨拶回りも行います。

11 着工

着工

いよいよ工事が始まります。地盤を調査し、調査データに基づき改良工事を行います。

それに続く基礎工事は、自社職人が責任をもって行うのが創業以来のスタイルです。

 

12 基礎配筋検査

建物をしっかり支えるために必要な足元の基礎コンクリート部分です。

コンクリートで固めてしまうと見えなくなってしまうので、その前に鉄筋の太さや配置が図面通り組まれているかをチェックします。

13 上棟

上棟

躯体が組まれ、いよいよお住まいの全体像が見えて参ります。

図面でしかなかった我が家が立体として姿を現す感動の瞬間です。

上棟式では、施主様、職人が一堂に会し、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、また無事、建物が完成することを祈願します。

14 構造躯体金物検査

主要な構造部を第三者機関専属の一級建築士が細かくチェックします。

家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ「筋かい」は図面通り配置され適正に取り付けられているか、金物の種類・位置は適切かなど一般の人ではわからないチェックポイントをしっかり検査します。

15 気密測定

気密測定

サッシを取り付け、断熱工事が終了した時点で、建物の延床面積に対してすき間がどれぐらい空いているかを計測する気密測定を1邸ずつ実施します。

本物の高気密・高断熱住宅を実現するためには、必要不可欠な作業です。

1㎡あたりの隙間面積(C値)=0.5以下を目標数値に設定しています。

 

16 外装下地防水検査

外壁を貼ると見えなくなってしまう外壁下地の防水シートの重ね代が規定以上設けられているか、防水テープやコーキングが適切に処理されているかなど、雨水の侵入を防ぐ部分を主に検査します。

また、断熱性を左右する断熱材が図面通りに使用されているかなどをチェックします。

17 現場打合せ

現場打合せ

工事の進捗に合わせて、お施主様に現場にお越し頂き、コンセントやスイッチの位置、棚の高さ、クロスの種類などを決めて頂きます。

より具体的にイメージし、検討して頂きやすいように必ず現場で何度も確認を行います。

 

18 完了検査

建物竣工前に行われる最後の検査です。

図面通りの建物に出来上がっているか、特に、雨水の侵入を防ぐため、外壁の防水処理(貫通配管など)やバルコニー防止水の立ち上がりなどを入念にチェックします。

19 お引渡し

お引越し

完了検査を受けて、いよいよ我が家の完成です。

設備機器の使い方やメンテナンス方法などをご説明し、鍵の引渡しをさせて頂きます。

ご家族の想いが詰まった新居の完成は、お施主様にとって、また我々にとっても感無量です。

 

20 アフターサービス

「家が建ってしまえばそれで終わり」、ではなく、新しいお家にお住まいになった後も末永くお付き合いさせていただきたいと思っております。

ちょっとした不具合や気になる事がございましたら、どのような些細な事でもご連絡頂ければ、すぐに対処いたします。

"住み心地"を保証するための長いおつきあいの始まりです。

 

 

住宅瑕疵担保責任保険(構造躯体、雨漏り10年保証)

住宅瑕疵担保責任保険(構造躯体、水漏れ10年保証)

「住宅瑕疵担保履行法」が平成21年10月に施行され、新築を供給する住宅事業者が供託または保険の加入を義務付けられました。

構造体力上主要な部分(基礎、床、柱、外壁、屋根等)及び雨水の浸入(外壁や屋根から)を防止する部分には、瑕疵担保責任として10年間の保証を致します。

 

地盤保証 10年

地盤保証 10年

地盤の調査・改良工事に起因して住宅に不具合が起きてしまった場合、その修復のためには多額の費用がかかります。

「地盤保証制度」では、対象建物の損害に対し、原状回復のための補修、地盤、仮住居合わせて5,000万円を上限に保証します。

地盤には、埋立地、しっかり硬い地盤、または軟弱地盤や盛土など様々な状態が考えられます。

その状態は、外から見ただけでは判断できません。

正確な地盤調査と調査データに基づく、適切な改良工事が必要です。

お引渡日から10年間、万が一の不同沈下に備えるために、全棟に地盤保証をお付けしてお引渡を行っています。

断熱材(ウレタン)無結露保証35年

断熱材(ウレタン)無結露保証35年

スーパーウォールパネルに使用している断熱材(発砲ポリウレタン)は、水分をガードし、断熱材内部に結露を発生させません。

また、瑕疵保証では保証されない断熱材(ウレタン)内部の結露による劣化を、業界最長の35年間保証します。

水にも湿気にも強く、経年変化も性能劣化も少ない高耐久の証として、パネルの素材内部について無結露を保証しています。

耐震保証付きスーパーストロング構造体

耐震保証付きスーパーストロング構造体

「スーパーストロング構造体バリュー」は、耐震設計技術により、一般的な木造軸組み住宅の耐震性能を高め、万が一建築した家が地震の揺れにより全壊した場合、最高2,000万円まで建て替え費用の一部を負担する「耐震補償付き」で地震に負けない暮らしをサポートいたします。

耐震保証の期間は、瑕疵担保責任保険と同じく10年です。

また、耐震性能の最高等級「耐震等級3」相当を全棟で実現するために建築会社・工務店が設計した図面を住宅性能表示制度基準に基づき、1棟ごとに構造設計CADシステムで「耐震等級3」相当を設計検査します。

検査後は、すべてのお客様に安心の証として「設計検査報告書」を発行します。

完成保証制度(完成サポート)

「住宅完成保証制度」は、株式会社日本住宅保証機構による、住宅が完成するまでを保証する任意の制度です。

万が一、住宅建築請負契約を結んだ工務店が工事途中で倒産した場合、前払い金が戻ってこなかったり、その工事を引き継いでくれる業者を探したり、といった問題が発生してしまいます。

そのような場合にも、お客様の追加負担なく完成まで確実に遂行するための保証制度です。

その他の保証

シロアリ防除施工 5年間保証、FRP防水施工 10年間保証

ページトップへ