家づくり工法

家づくり4つの敵との戦い

「地震」「結露」「寿命」「価格」

  

秋田宅建不動産の戦っている4つの敵です。

この戦いに勝ってこそ、家は家族の命と健康と生活を守るうつわ」になれるのだと思っています。

 

 ① 地震

耐震を極めることで、強くて丈夫で耐久性の高い家が生まれます。いざと言う時に家族の命を守り、長持ちする資源の無駄遣いを防ぐ家づくりを肝に銘じています。

② 結露

湿気を寄せ付けず、カビ、ダニの発生を防いで、家族の健康を守る家をつくります。

③ 寿命

子孫が住宅にコストをかけなくても済むよう、世代を超えて住み続けることのできる家を供給します。

④ 価格

希望の家が納得できる価格で手に入るような資金計画を立てるとともに、住んでからのランニングコストを抑えるエコな家をつくります。

 

ストロング構造体バリュー

ひと言で言うと、耐震性能の最高等級「耐震等級3」を実現した家です。

壁・床・基礎には、計算に基づく補強工事を施し、耐震性能を高めています。

建物完成後は一邸一邸検査を行い、「設計検査報告書」を発行します。万が一の時のために最高2000万円の耐震保証付きです。

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

スーパーウォール工法

高性能スーパーウォールパネルを断熱材として使用することで、気密性と断熱性を飛躍的に高めました。高気密・高断熱のため、計画換気が有効に働き、家の中の空気をクリーンに保ちます。

部屋ごとの温度差が少なく、冷暖房効率が良いのも大きな特長。結露も防ぐため構造体が長持ちします。

もっと詳しく知りたい方はこちら

高気密・高断熱で外気に影響されにくく、頭から足元まで均一な温度の快適空間を保てます。

また、部屋間においても、不快な温度差の代表例となるトイレや洗面室も、SW工法住宅なら冷暖房を併せて室内温度をコントロール。

温度変化の小さい快適な室内空間を実現することで、心筋梗塞や脳出血・脳梗塞などを引き起こす冬場の温度差によるヒートショックを防ぎます。

 

SW工法住宅では、C値(隙間相当面積)= 1.0以下という高い気密性能にこだわり、建物の隙間を少なくすることで外気とともに出入りするホコリや花粉を大幅にカット。

また、計画換気システムが24時間365日稼動することで、計画された換気経路にもとづいて、ゆるやかな空気が流れます。

それにより室内空気のよどみを解消し、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こすホルムアルデヒドをはじめ、汚れた空気を戸外へ排出し室内の空気をきれいに保ちます。

 

SW工法なら、室内外から侵入してくる湿気に対してダブルの防湿対策ができます。

水分を通しにくい発泡ポリウレタン断熱材が、室内側からの水蒸気をガード。

さらに室外からの湿気も通気層から掃き出し、躯体の乾燥状態を保って耐久性を高める事で、目に見えない壁体内結露を防ぎます。

また開口部には、熱の出入りを大幅に少なくする高気密・高断熱部材であるアルミ樹脂複合サッシを採用し、通常目に見える室内側結露もシャットアウトします。

 

SE構法

地震などの揺れによって家屋が倒壊する際、真っ先に壊れるのは柱と梁の接合部です。

SE構法は、強度の高い集成材に独自の金物を組み合わせ、強固な接合部を生み出しました。

その結果、構造体自体が建物を支え、光を採りこむ大きな開口部や吹き抜けを安全に実現。

これまで木造にはできなかった大空間もSE構法なら可能です。一邸ごとに構造計算を行い、最長20年の住宅性能保証もついています。

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

どんなに素晴らしい工法を採用しても、それを施工する職人の技術と人間性がしっかりしていなければ、家は『家族の命と健康と生活を守るうつわ』にはなれません。

秋田宅建不動産が創業以来こだわってきたのが、自社の職人が責任をもって施工することです。

〝地元で誰恥じることなく、仕事をする“をモットーに、責任感とプライドをもった職人たちが、基礎工事から完成まで、誠実・丁寧に仕事をしています。


 職人は口ベタな生きもの。

だからいざ話すとなると、本当のことしか話せない。

その時に正直にしゃべっても一向に差し支えないのが、秋田宅建不動産の家づくりなんです。

まあ、現社長で5代目ですから、嘘のある仕事をしていたらここまで続いていませんわね。

私自身も口ベタではありますが、一番楽しみにしているのがお客様とお話しできることなんですよ。

私たち職人に最も厳しく、同時に最も大事にしてくれるのがお客様ですから。

私はお客様に育てられてここまで来たと思っています。

だから、このホームページを通じて、また新しいお客様と出会えることを楽しみにしているんです。

 

 

建物自体は桑田棟梁がどんと引き受けてくれるので、私は土木関係と積算、現場の段取り、そして外構を担当しています。

外見の割にかわいい庭をつくりますね、と言われたりしますが、そんなに見た目と違いますか。

ま、気を取り直して…秋田宅建不動産に声をかけようかどうしようか迷っておられる方にひと言。

この会社はね、私たち従業員をとても大切にしてくれる会社なんです。

そんな会社がお客様をいい加減に扱うはずがありません。それにいろいろな業務をこなしているから、建替えでもリフォームでも土地探しでも、どんな相談にも乗れるだけの引き出しをもっています。

ね?良かったらぜひ来てください。私もお待ちしています。

 

 

秋田宅建不動産の家だけを専属で建てさせていただいています。

仲間は仕事のできる人ばかり。少しでも手を抜くと恥ずかしいので、良い意味のライバル心をもって毎日仕事をしています。

みんな仕事には厳しいですが、現場の雰囲気は和気あいあいとして楽しいですよ。

お客様もよく現場を見に来られますが、顔を合わせて「ああこの人たちが住むんだな」と思うと気合が入りますね。

建てる以上は、そこに住む人に末永く幸せに暮らしてほしいという願いをこめて、仕事に向き合っています。

 

 

 

 

家づくりの魅力は、同じ家が一つとしてないということだと思います。

大きい家、小さい家、平屋、3階建・・・そういう形の違いにもう一つ、お客様の個性が加わって、世界に一つだけの家ができる。

わくわくしますよね。だから、「大工さんにお任せ」なんて言わないで、現場に来て「こうしたい」「ああしたい」と、どんどんおっしゃってください。

そう言われて面倒くさいと思うようになったら、私大工やめますから(笑)。

秋田宅建不動産は、何がお客様のためになるかを一生懸命考えるとても良い会社。

家づくりで困ったらとにかく一度、相談されると良いと思います。大工の目から見て、本当にそう思います。

 

 

 

大工になって50年。

いままでいろいろな現場を経験してきましたが、この秋田宅建不動産に来てからは、ここ一本で仕事をさせてもらっています。

とにかく仕事をしていて気持ちの良い現場です。

「こんなもんでいいやろ」ということがなく、大工としてこだわりたいところはきちんとこだわらせてくれるので、変なストレスが溜まりません。

安心してちゃんとした良い家をつくることに専念させてもらっています。

…えー、桑田棟梁と同じで口ベタなので、こんなところで勘弁してもらえないでしょうか。あがり性なんですよ、私。

 

職人たちが建てた実例を見る

 

ここに書かせていただいた工法や、施工システムを五感で確かめていただくために、秋田宅建不動産では「完成見学会」「構造見学会」を随時開催しています。

そこでは強引な営業やアンケートの無理強いはありません。

ただ、私たちがどのような思いで家づくりに取り組んでいるかを、誠実にお伝えするだけです。

そしてもし、お客様がお困り事を抱えていらっしゃるなら、後日ゆっくりお話を聞かせていただきます。

真剣に家づくりを考えているのに、どうも思い通りに進まないなどといった悩みをお持ちの方は、一度私たちの見学会に来られませんか?良い方策が見つかるかもしれません。

見学会について問い合わせる

ページトップへ